やめも

by 全自動ムー大陸

/
  •  

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.

about

無料でダウンロードできます。文字化けがあって正しく再生されない場合は、手動でファイル名の末尾(.mp3など)を整えてください。

credits

released December 28, 2014

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist

about

全自動ムー大陸 Japan

音楽などを作ります

contact / help

Contact 全自動ムー大陸

Streaming and
Download help

Track Name: 今夜はミサイルが落ちるから下着を僕にくれ
僕は、僕は誰も信じない
どうせなにも許せないから

ドブ川に沿って帰る
遠くでチャイムが鳴ったら
寂しくなるでしょ

今は、今はしょうがない
意味不明の落書きが濃くなった

わからないように伝えたいけど
耳を塞いでいてよ

「明日、ミサイルが落ちるから
治療はこれでやめにしよう」

なんども他人の肩を躱して
次の信号に立っていた

空想のあの通り魔が笑っている

大して理由のないまま
「届いて」と願うこともないかな

冗談・本音、どれでもないのは
空き缶と一緒に捨ててしまった


僕を、僕を誰も選ばない
だけどもう泣けもしないなら

ドブ川が夕に光る
遠くで誰か死んでも
悲しくないでしょ

誰も、誰も信じない
意地を張って戻れなくなった

わからないように伝えたいから
絶対に理解しないでね

「今夜はミサイルが落ちるから
下着を僕にくれませんか」

明日も他人と肩を並べて
既に満たされた未来を待っている

空想のあの通り魔が笑っていても

大して意味のないこと
「届いて」と願ったっていいでしょ

冗談? 本音?
どれかはわからない
レシートと一緒に丸めてしまったんだ

にゃん

にゃん
Track Name: めまいの先
ぐるぐる回って
落ちるカイト
僕の目を焼いて

ゆらゆら揺れて
夏に消えてしまった

廃線は冗談混じりに
終点を繋いで軋んだ

雷鳴は遠くで
最後の相談を
終わらせたようだ

はじめに言葉があったせいで
気づかなかっただけ

おわりは言葉すらなかったせいで
止まらなかった

そのはじめに言葉があったせいで
気づかなかっただけ

おわりは言葉すら
なかったせいで
Track Name: ライムミント・フレーバー
閉まらなくなったあの引き出し
あれもこれも出番を待ってる

諦めたことを認めたくなくて
ちからいっぱいぎゅっとぎゅっと
押し込めた

まあ「笑えないようなこと」もなくて
これが「生きるということ」なら
「くだらないこと」だって忘れたくなるよ

仕方なくだもん
そっとそっと本音を燃やせば
ガムの味が薄れてくようにね
またわからなくなる

そんな感じ
Track Name: 夕空の怪物
焦れったい飴を
噛み砕いた

早い者勝ちの
遊具の上へ
逃げきれるかな

遠く、呼ぶ声は
「そこも迷路だ」って
言ってるんだ

気づかなかった

(神さま、あなたはだあれ?)

ほら粘ついた舌が
空を覆えば
照らすものなんて
もうひとつもないよ

放ったらかしの
蟲毒を思い出した

呪うものならとっくに
なくなっちゃったけど

企んだ夜の心臓を刺せば
なにをゆるされたんだっけ

それがなんだって
全部なくなればいいと思ったんだ

こんなにも
高ぶってるのに
街は静かだ

ぜんぶ言葉みたいに
喉の奥に消えてくから


(今がそうだよ)
Track Name: あいまいなもの
ちらかる本を黙ってかたづけた
「さよなら」と聞こえた

言葉が育って意味までくだいても
きらきらかがやいてる破片、集めたの

待って
今、逃げ出すけど
なにかを忘れてるような……

きっとまた思い出すから
最低な明日を好きでいさせてね


まるでかわいた花はうなだれて
「ごめんね」とただ呟いた

意味は育ってこころをしめつける
空はもう晴れかけてる

(きら、きら、きら)

ああ!

なんか、今、駆け出したら
なにかがはじまるような――

ちゃんとわかっちゃうときまで
あいまいなものを好きでいようとした
Track Name: 冥立とうめい公園
滴る空の偶然に
名前のない鼓動の感触がある

愛でかたづけた日常は
もっと遠いところの想像だったのに
全然気づかなかった

「まだ海月の詩ばかり書いてるの?」
いつか透明になりたかった

性器の無い猫が言った
「言葉にもひどく裏切られてしまえ」


にゃん

にゃん


壊れたらまた新しいのを買いな
くだらないものはぜーんぶ代えがきくから

ほら見て遊具いちばん乗り
指さした宇宙船が真っ逆さまに落ちた


終点の花が砂場に咲く
それじゃ明日にでも

望めばまた会えるよ


ママからの電話でしょ?

出なよ
Track Name: セル・アウト(グッド・バイ)
グロテスクな交差点
放たれた精液のように

人間、人間、繰り出して
溶け合ってしまう

あーあ

「僕はまだ特別ですか」
もうどうでもいいか

肩が触れ合った誰かに
会釈返すの忘れちゃったな

この脚にも重さがあるのだ
気づかなかった

なんてね
缶コーヒ-開けた

ちょっとこぼして

また一歩遅れた
青信号