最後のアルバム

by 全自動ムー大陸

/
  •  

1.
2.
3.
4.
5.
00:36
6.
7.

about

無料でダウンロードできます。文字化けがあって正しく再生されない場合は、手動でファイル名の末尾(.mp3など)を整えてください。iTunesに登録すると曲名がきちんと表示されます。Bandcampでは、一つのアカウントが月毎に提供できるフリーダウンロード回数に上限があるらしく、これを超えた場合は金額を入力する画面が出るはずなので、時間を置いてからまたアクセスしてみてください。

credits

released March 28, 2014

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist

about

全自動ムー大陸 Japan

音楽などを作ります

contact / help

Contact 全自動ムー大陸

Streaming and
Download help

Track Name: 「もうどこへも」
抜け出したゆりかごを
蹴っ飛ばして進んでも

もう思い出せなかった

見惚れちゃった流星を
忘れたっていいかなあ

もう取り戻せないなら

ほらちょっと寝て起きる間の
夢で終わってしまえばいいや

なんてね


ずり落ちた後悔を
引きずって歩いては
もうどこへも行けないな

赤になった信号に
気づかなかった誰かは
もう見えなくなった

見えなくなった

また一回まばたく間でそこに
あったものは無くなって……

なんてね


そうかもしれなかった
Track Name: おののののののく
もらった箱 中身見ずに捨てた
なんかもったいなかったような気もしてた

刺さった秒針 頭から抜いてから
また調子が悪くなった ここ2週間

ちょっと萎んだけど無事だった
26時の脳内戦争
朝になったら忘れちゃうから

やっと動かせるようになったところで
全治一生と知って
無駄になっても逃げてみせるの?


見間違ったふりで高価いほうを選んで
バレて没収されてしまった 君のせいだ

湿った妄想はゴミ箱に消えたから
またカギを探さなくちゃ あの溜め息のほうへ

きっと笑いながら死ぬような
二重になった精神状態
雨になっても剥がれないから

全部思い通りにしたくて
到底不利の宝探しをやめられないの

強くなるまで 痛くしないで
Track Name: 夕立を待っていた
頬をつねってまた夢から覚めた
静かな風の中

空にできるだけ
近づいてみたかっただけ

膨らんだ雲が
遠くで鳴いているのが好き

これから誰かを濡らす
夕立を待っていた


指を伝って溶け落ちた
アイスの雫が遠くなる

空にできるだけ
近づいてみたかった